東アジア国際言語学会(旧称:国際連語論学会)のホームページへようこそ!

東アジア国際言語学会2021年5月 月例会のご案内

東アジア国際言語学会会員

各位

 立夏の候、会員の皆様に於かれましてはご清祥のこととお慶び申し上げます。

 下記日程にて五月月例会を開催致します。就きましては万障繰り合わせご参加頂きたくお願い申し上げます。

月例会担当 大島吉郎
発表者
杜 盛斌(上海海洋大学)
テーマ
中日二重主語構文から見た統語と語用の接点
日時
5月15日(土)午後4時~6時
方式
Zoomミーティング
URL:https://zoom.us/j/96366455806?pwd=eVM0TURSV2xhVlQwSG1QaW5UQWVNUT09
ミーティングID:963 6645 5806
パスコード: 547640

発表要旨

 中国語と日本語において、次のようなよく知られている二重主語構文が存在する。

(1)a.大象鼻子长。
   b.这个女孩眼睛很大。
(2)a.象は鼻が長い。
   b.この女の子は目がとても大きい。

 本研究では情報構造(information structure)を統語分析に取り入れ、二重主語構文における統語、意味さらには語用間のマッピング(mapping)関係の探求を目的とする。

 本研究はロジック判断(logical judgement)の側面から(1)、(2)のような構文を分析したところ、両言語における所有者名詞句は主題判断(categorical judgement)の論理主語(logical subject)で、所有物名詞句は真の文法主語(grammatical subject)であると区別する。論理主語と文法主語の分離こそ二重主語構文成立の統語的基盤だと本研究は主張する。従って、二重主語構文の談話的機能は、論理主語(或いは談話の焦点)を可視化することで、所有者を語用のレベルで取り立てるためであると推論する。つまり、所有者の「主語化」という操作は語用機能の統語的手段であると考え、二つの主語はそれぞれ語用と文法レベルのものだと論ずる。

 両言語研究の重要な課題として、多くの研究がなされてきた。従来の研究からも所有者主語と所有物主語は統語的に異なった性格を持っているという指摘がよく見られるが、二つの主語を同じ階層で同列に扱っているものが多い。その結果、建てられた階層構造から文の語用的機能が観察されない。二つの主語の統語的な違いは意味、語用的な必要によるものだと想定し、本研究は生成文法の統語製図(syntax cartographic approach)の方法を用い、二重主語構文の階層マップを作り、二重主語構文から見られる統語、意味と語用間のマッピング関係を提示する。

【参考文献】

  • [1] Aissen, J. External Possessor and Logical Subject in Tz’utujil [A]. In: Payne, D. L., Barshi, I. (Eds.), External Possession [C]. Amsterdam: John Benjamins B.V, 1999: 167-193.
  • [2] Chappell, H. Inalienability and the Personal Domain in Mandarin Chinese Discourse [A]. In: Chappell, H., McGregor, W. (Eds.), The Grammar of Inalienability. A Typological Perspective on the Part–Whole Relation and Terms for Body Parts [C]. Berlin: Mouton de Gruyter, 1995: 465-527.
  • [3] Chappell, H. The Double Unaccusative Construction in Sinitic Language. In: Payne, D. L., Barshi, I. (Eds.), External Possession [C]. Amsterdam: John Benjamins B.V, 1999: 195-228.
  • [4] Deguchi, M. Revisiting the Thetic, Categorical Distinction in Japanese [J]. Poznań Studies in Contemporary Linguistics, 2012(48): 223-237.
  • [5] Gundel, J. Universals of Topic–Comment Structure [A]. In: Michael, H., Moravacsik, E., Wirth, J. (Eds). Studies in Syntactic Typology. Amsterdam [C]: John Benjamins Publishing Company, 1988: 209-239.
  • [6] Haegeman, L., Danckaert, L. Multiple Subject in Flemish: The External Possessor [A]. In: Henry, A., Rhys, C. (Eds.), Microvariation, Minority Languages, Minimalism and Meaning: Proceedings of the Irish Network in Formal Linguistics [C]. Cambridge: Cambridge Scholars Publishing, 2013: 2-21.
  • [7] Heycock, C., Doron, E. Categorial Subjects [J]. Gengo Kenkyu, 2003(123): 95-135.
  • [8] Kuno, S. The Structure of the Japanese Language. Cambridge: MIT Press, 1973.
  • [9] Kuroda, S.-Y. The Categorical and the Thetic Judgments [J]. Foundations of Language, 1972(9): 153-185.
  • [10] Kuroda, S.-Y. Movement of Noun Phrases in Japanese [A]. In: Imai, T., Saito, M. (Eds.), Issues in Japanese Linguistics [C]. Foris: Dordreeht, 1986: 229-271.
  • [11] Kuroda, S.-Y. Japanese Syntax and Semantics [M]. Dordrecht: Kluwer Academic Publishers, 1992.
  • [12] Li, C., Thompson, S.-A. Mandarin Chinese: A Functional Reference Grammar [M]. Berkeley: University of California Press, 1981.
  • [13] Munro, P. Chickasaw Subjecthood [A]. In: Payne, D. L., Barshi, I. (Eds.), External Possession [C]. Amsterdam: John Benjamins B.V, 1999: 251-289.
  • [14] Payne, D. L., Barshi, I. 1999. External Possession [C]. Amsterdam: John Benjamins B.V, 1999.
  • [15] Saito, M. Some Asymmetries in Japanese and their Theoretical Implications [D]. PhD dissertation, Cambridge: MIT, 1985.
  • [16] Takahashi, H.. Predicate Movement and Multiple Subject Constructuons in Japanese [J]. Liberal Arts, 2007 (1): 21-41.
  • [17] Tateishi, K. Double Nominatives in Japanese [A]. In: Everaert, M., Riemsdijk, H.v. (Eds.), The Blakwell Companion to Syntax, Vol.2 [C]. Malden, MA: Blacwell, 2006: 331-345.
  • [18] Uehara, K. External Possession Construction in Japanese: A Psyholinguistic Perspective [A]. In: Payne, D. L., Barshi, I. (Eds.), External Possession [C]. Amsterdam: John Benjamins B.V, 1999: 45-73.
  • [19] Xu, J. Possesor Raising in Chinese and Korea [J]. Languages in Contrast, 2005(5): 245-290.
  • [20] 柴谷方良.日本語の分析[M].東京:大修館書店, 1978.
  • [21] 井上和子.文―文法と談話文法の接点[J].言語研究, 1983(84): 17-44.
  • [22] 吉田光演.「多重主語」構文の意味論[J].沖縄大学地域研究所所報, 1990(1): 43-48.
  • [23] 久野暲.日本文法研究[M].東京:大修館書店, 1973.
  • [24] 三原健一 平岩健.新日本語の統語構造[M].東京:松柏社, 2006.
  • [25] 三原健一.日本語の統語構造[M].東京: 松柏社, 1994.
  • [26] 杉本武.大主語と総記の解釈[A].益岡隆志,野田尚史,沼田善子(編),日本語の主題と取り立て[C].東京:くろしお出版, 1995: 85-108.
  • [27] 小林亜希子.多重主語構文:失われた記述の一般化を求めて[J].島根大学言語文化, 2010(29): 77-122.
  • [28] 陈平.汉语双项名词据与话题–陈述结构[J].中国语文, 2004(6): 493-507.
  • [29] 蔡维天.制图理论和汉语语法[J].语言学研究, 2019(1): 28-44.
  • [30] 丁仁.领有者提升,左缘限制与汉语多重主语句之衍生[J].语言学论从, 2009(39): 340-359.
  • [31] 刘丹青.汉语中的非话题主语[J].中国语文, 2016(3): 359-275.
  • [32] 刘丹青.制约话题结构的诸参项——谓语类型、判断类型及指称和角色[J].当代语言学, 2018(20): 1-18.
  • [33] 朴正久.从类型学视角看汉语形容词谓语句的信息结构[J].中国语文, 2016(4): 387-396
  • [34] 宋文辉.现代汉语中是否存在和话题分立的语法主语[J].语言教学与研究, 2020(2): 77-88.
  • [35] 田启林 杨晓东.领属性双主语结构的句法分析[J].浙江工业大学学报(社会科学版), 2015(3): 345-349.
  • [36] 赵元任.汉语口语语法[M].吕叔湘(译), 北京:商务印书馆, 1968/1979.
 

学会誌 『東アジア国際言語研究』第2号

02-face.png
 
 
特別寄稿
「もの」「こと」を含む複合辞の広がり高橋雄一filePDF
対照研究
動詞目的語としての「ソレ」に関する一考察―中国語との対応をめぐって―単 艾婷filePDF
日本人中国語学習者の謝罪言語行動における誤用―教員に対する発話を例として温 琳filePDF
中国における日本製「~性」の受容―20世紀初頭の中国資料を中心に―沙 広聡filePDF
中国人日本語学習者による日中同形語の意味習得―非漢字圏日本語学習者との比較を通して劉 楚心filePDF
日本語研究
「NPがある」属性文の形容詞的特徴鄧 超群filePDF
語彙的複合動詞の意味構造と意味関係―語彙化の角度から史 曼filePDF
「イウ」+「テモ」复合辞及相关表达的认知心理研究―基于参照点模型的理论分析孙 宇雷filePDF
授受表現「NP1にNP2をもらう」における格助詞「に」のメカニズム范 寛filePDF
中国の日本語教科書における「行為要求」の「~てくださる」の扱いに関する考察―コーパス調査の結果と照らして―陳 蒙filePDF
日本語のかな文字とローマ字表記法の変遷―明治中期から昭和初期にかけて―福元美和子 小嶋栄子filePDF
中国語研究
形容詞的描写性、可控性和色彩性時 衛国filePDF
中国語虚指二重目的語文の意味分析福田 翔filePDF
中国人の肯定的・否定的評価場面での言語表現分析―相手が親友の場合―趙 海城filePDF
依頼場面における中国語の「断り」ストラテジーに関する研究ノート宮本大輔filePDF
中国語における“把个”構文の意味について小路口ゆみfilePDF
金国璞北京語会話教科書における文末語気助詞の使用―≪兒女英雄傳≫との比較楊 旋filePDF
宋版《玉篇》入聲部韻類混切現象周 歴filePDF
実例で説明する中国語文法指導テクニックの応用―“就”と“才”を例にして―畢 文涛 王 天予filePDF
 

東アジア国際言語学会会報

file第5号(PDF形式、936KB、2021年3月公開)

 

東アジア国際言語学会2021年3月 月例会のご案内

会員のみなさま

 会員のみなさまにおかれましてはご清栄のことと存じます。

 年度末を迎えご多用の折とは存じますが、下記日程にて3月月例会を開催する運びとなりました。是非ともご参会頂きますようお願い申し上げます。

 なお、開催時間がこれまでとは異なりますので、ご注意頂ければ幸いです。

月例会担当 大島吉郎
発表者
趙海城(明星大学)
テーマ
習熟度別、学習環境別に見る中国語人日本語学習者の副詞の使用傾向
-日本語母語話者と韓国人学習者との比較を通して-
期日
3月13日(土)
時間
午後4時~6時
方式
Zoomミーティング
URL: https://zoom.us/j/99024704226?pwd=K1VKUGN0RG04N2hyNWsxMGQ0RXR1UT09
ミーティングID:990 2470 4226
パスコード:430138

要旨

 学習者の中間言語対照分析(contrastive interlanguage analysis:CIA)では、多くの場合、母語話者による第一言語(L1)産出と学習者による第二言語(L2)産出が比較され、これにより学習者特有の過剰使用(overuse)、過小使用(underuse)、誤用(misuse)などが特定される(石川2012)。過剰使用や過小使用は、学習者のL2使用や、L2習得の過程を検討する新たな視点を提供してくれる。本発表はI-JAS学習者コーパスを用いて、中国人日本語学習者の副詞の使用傾向について、母語別・習熟度別・学習環境別に考察を行った。その結果、1名あたり産出副詞数は、母語話者は290個であるのに対し、学習者80個~176個で、母語話者の6割以下にとどまっている。また、1万語あたり産出副詞数を見ると、母語話者は565個であるのに対し、学習者は250個~475個で、習熟度があがるにつれ、副詞の延べ産出語数、異なり語数とも増え、日本国内自然環境の中級学習者は475個と母語話者に近づいている。対数尤度比(Log Likelihood Ratio)を補正した数値を使用して各語の特徴度を算出した結果、母語話者に比べ、中国人学習者は「とても、もし、もっと、たくさん、突然、一番、よく、最も、随分」などを過剰に使用し、「そう、こう、まあ、結構、もう、やはり、ちょっと、割と、偶々、偶に」などを過少使用している傾向が見られた。

 

学会名称および学会誌名称変更のお知らせ

当学会は2019年4月1日より以下の学会名・学会誌名に変更いたしました。

学会名

日本語
東アジア国際言語学会
英語
International East Asian Linguistic Society
中国語
东亚国际语言学会

学会誌名

日本語
東アジア国際言語研究
英語
International East Asian Language Research
中国語
东亚国际语言研究
以上
 

Last-modified: 2021-05-05 (水) 17:14:54