東アジア国際言語学会(旧称:国際連語論学会)のホームページへようこそ!

東アジア国際言語学会2021年4月 月例会のご案内

東アジア国際言語学会会員

各位

 会員の皆様に於かれましてはご清栄のこととお慶び申し上げます。

 下記日程にて四月月例会を開催致します。就きましては万障繰り合わせご参加頂きたくお願い申し上げます。

月例会担当 大島吉郎
発表者
徐 衛(蘇州大学/花園大学)
テーマ
「忽然」と「突然」に関する考察
日時
4月24日(土)午後4時~6時
方式
Zoomミーティング
URL
https://zoom.us/j/98007371482?pwd=SGRxQnVuSVpSY3AybjJHUGFLSndNdz09
ミーティングID:980 0737 1482
パスコード: 629315

発表要旨

 「然」で終わる言葉において、二文字の語彙が189語あるが、文語では「タリ活用」、口語では「ト・タル型活用」として存在するのは171語である。その中で副詞に使えるのは「果然、俄然、忽然、全然、断然、突然」という6語しかない。

 本研究では、副詞の用法がある「忽然(こつぜん/こつねん)」と「突然(とつぜん)」について、国立国語研究所コーパス開発センターが開発した「まとめて検索『KOTONOHA』」「現代日本語書き言葉均衡コーパス(BCCWJ)の日本語歴史コーパス(CHJ)」及び北京大学漢語語学研究センターが開発した「CCL語料庫」、台湾中央研究院語言學研究所が開発したコーパスなどを利用して具体的な考察を行った。その出現頻度と使用実態の通時的・共時的分析を通じて、日本語における中国語受容の経緯とあり方を検討することを目的とする。

 その結果、「忽然」は鎌倉時代の文献に少数みられ、明治・昭和前期と昭和後期・平成の文献における分布が拮抗しているが、「突然」は明治時代の文献に出現し始め、昭和後期(戦後)になると使用率が前期より10倍以上増加したことがわかった。また、「忽然」はト型活用と副詞に用いられるが、「突然」はそれ以外にナ・二活用と名詞の使い方もみられる。それに対して、中国語において「忽然」はその出現が「突然」より遥かに早かったが、近・現代に入ってもその使用率が「突然」より遥かに高いことも明らかになった。

【参考文献】
辛島美恵,2000.仮名文書の形容動詞(一)形容動詞語彙表[J].九州産業大学国際文化学部紀要(16):1-17.
倉田静佳,2003.馬琴の読本における「然」が後接する漢字語の字音語振り仮名  狩野文庫蔵本『南総里見八犬伝』を中心として[J].言語科学論集(07):47-58.
小学館大辞泉編集部.2012.大辞泉 第2版[K].東京:小学館.
千村達志,2000.『日本霊異記』『大日本国法華経験記』における「忽」と「忽然」[J].言語表現研究(16):24-35.
原田登美,2001.漢語形容動詞についての一考察[J].言語と文化(05):101-117.
松田悠哉,2017.語幹に格助詞を伴う形容動詞の用法について[J].東京大学言語学論集(38):123-144.
 

学会誌 『東アジア国際言語研究』第2号

02-face.png
 
 
特別寄稿
「もの」「こと」を含む複合辞の広がり高橋雄一filePDF
対照研究
動詞目的語としての「ソレ」に関する一考察―中国語との対応をめぐって―単 艾婷filePDF
日本人中国語学習者の謝罪言語行動における誤用―教員に対する発話を例として温 琳filePDF
中国における日本製「~性」の受容―20世紀初頭の中国資料を中心に―沙 広聡filePDF
中国人日本語学習者による日中同形語の意味習得―非漢字圏日本語学習者との比較を通して劉 楚心filePDF
日本語研究
「NPがある」属性文の形容詞的特徴鄧 超群filePDF
語彙的複合動詞の意味構造と意味関係―語彙化の角度から史 曼filePDF
「イウ」+「テモ」复合辞及相关表达的认知心理研究―基于参照点模型的理论分析孙 宇雷filePDF
授受表現「NP1にNP2をもらう」における格助詞「に」のメカニズム范 寛filePDF
中国の日本語教科書における「行為要求」の「~てくださる」の扱いに関する考察―コーパス調査の結果と照らして―陳 蒙filePDF
日本語のかな文字とローマ字表記法の変遷―明治中期から昭和初期にかけて―福元美和子 小嶋栄子filePDF
中国語研究
形容詞的描写性、可控性和色彩性時 衛国filePDF
中国語虚指二重目的語文の意味分析福田 翔filePDF
中国人の肯定的・否定的評価場面での言語表現分析―相手が親友の場合―趙 海城filePDF
依頼場面における中国語の「断り」ストラテジーに関する研究ノート宮本大輔filePDF
中国語における“把个”構文の意味について小路口ゆみfilePDF
金国璞北京語会話教科書における文末語気助詞の使用―≪兒女英雄傳≫との比較楊 旋filePDF
宋版《玉篇》入聲部韻類混切現象周 歴filePDF
実例で説明する中国語文法指導テクニックの応用―“就”と“才”を例にして―畢 文涛 王 天予filePDF
 

東アジア国際言語学会会報

file第5号(PDF形式、936KB、2021年3月公開)

 

東アジア国際言語学会2021年3月 月例会のご案内

会員のみなさま

 会員のみなさまにおかれましてはご清栄のことと存じます。

 年度末を迎えご多用の折とは存じますが、下記日程にて3月月例会を開催する運びとなりました。是非ともご参会頂きますようお願い申し上げます。

 なお、開催時間がこれまでとは異なりますので、ご注意頂ければ幸いです。

月例会担当 大島吉郎
発表者
趙海城(明星大学)
テーマ
習熟度別、学習環境別に見る中国語人日本語学習者の副詞の使用傾向
-日本語母語話者と韓国人学習者との比較を通して-
期日
3月13日(土)
時間
午後4時~6時
方式
Zoomミーティング
URL: https://zoom.us/j/99024704226?pwd=K1VKUGN0RG04N2hyNWsxMGQ0RXR1UT09
ミーティングID:990 2470 4226
パスコード:430138

要旨

 学習者の中間言語対照分析(contrastive interlanguage analysis:CIA)では、多くの場合、母語話者による第一言語(L1)産出と学習者による第二言語(L2)産出が比較され、これにより学習者特有の過剰使用(overuse)、過小使用(underuse)、誤用(misuse)などが特定される(石川2012)。過剰使用や過小使用は、学習者のL2使用や、L2習得の過程を検討する新たな視点を提供してくれる。本発表はI-JAS学習者コーパスを用いて、中国人日本語学習者の副詞の使用傾向について、母語別・習熟度別・学習環境別に考察を行った。その結果、1名あたり産出副詞数は、母語話者は290個であるのに対し、学習者80個~176個で、母語話者の6割以下にとどまっている。また、1万語あたり産出副詞数を見ると、母語話者は565個であるのに対し、学習者は250個~475個で、習熟度があがるにつれ、副詞の延べ産出語数、異なり語数とも増え、日本国内自然環境の中級学習者は475個と母語話者に近づいている。対数尤度比(Log Likelihood Ratio)を補正した数値を使用して各語の特徴度を算出した結果、母語話者に比べ、中国人学習者は「とても、もし、もっと、たくさん、突然、一番、よく、最も、随分」などを過剰に使用し、「そう、こう、まあ、結構、もう、やはり、ちょっと、割と、偶々、偶に」などを過少使用している傾向が見られた。

 

学会名称および学会誌名称変更のお知らせ

当学会は2019年4月1日より以下の学会名・学会誌名に変更いたしました。

学会名

日本語
東アジア国際言語学会
英語
International East Asian Linguistic Society
中国語
东亚国际语言学会

学会誌名

日本語
東アジア国際言語研究
英語
International East Asian Language Research
中国語
东亚国际语言研究
以上
 

Last-modified: 2021-04-11 (日) 22:34:24