学会の歩み

  • 2004年7月24日、言語学研究会鈴木康之グループの主催により、鈴木康之先生の古希を祝う連語論を中心とするシンポジウム「21世紀・言語学研究」が大東文化会館ホールで開催される。
  • 2005年2月19日、同グループにより「連語論をふかめるための特別研究会」(大東文化会館)が開催され、その後数回、同グループにより、大東文化会館および甫水会館(東洋大学)で連語論に関するシンポジウムが開催される。日本を中心として鈴木康之を中心とする中国・韓国の連語論研究グループから連語論学会設立の動きが高まる。
  • 2013年にようやく設立大会が開催され、その後、毎年、年次大会1回と月例会(8月を除く)が開催され、今日に至っている。

年次大会では国内外から多くの研究者が集い、研究発表と同時に有意義な学術交流の場となっている。月例会では大学院生を主に若手研究者の発掘、養成につとめている。こうした実績を背景に、近年中国、韓国において連語論学会の支部も設立、活動を活発にし、相互交流をさらに進展させている。今後は以上の経緯をふまえ、さらに活動を充実させ、国内外に研究成果を発進させていくことが期待される。 

設立大会  2013年2月 9日(土)、10日(日)大東文化会館ホール
第2回大会 2014年2月 8日(土)、 9日(日)大東文化会館ホール  北京支部設立
第3回大会 2015年2月21日(土)、22日(日)大東文化会館ホール  上海支部設立、韓国支部設立
第4回大会 2016年2月13日(土)、14日(日)大東文化会館ホール  中国東北支部設立
第5回大会 2017年1月29日(土)、30日(日)大東文化会館ホール
第6回大会 2018年2月24日(土)、25日(日)大東文化会館ホール

Last-modified: 2018-03-13 (火) 14:11:17